スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウルルン珍道中 その8

何やら若干の日付詐称疑惑がありますが、気のせいです。
決して、1日に2個書いて、だらけた分を取り戻してる訳じゃあありませんよ~
たぶん。

さ、今日も行きます。
今日は最後の国、フランスです。

CIMG1003_convert_20100525234615.jpg

2010年4月30日
パリでタイムトライアル

朝4時。
今日は相当早起き。それもそのはず。
6時発の飛行機に乗ってフランスへ向かいます。

ヨーロッパ内の移動は国内線感覚だから。
という話を聞いたので、けっこうギリギリに空港に向かう。
到着したのはカウンターが閉まる5分前。
げ。ちょっとヤバいかもー。と思いながらなんとかチェックインOK!

最終的には間に合いましたが、この飛行機は早く着いとくべきだ。
なぜなら、自由席だから!!

ちょ、飛行機で自由席ってw

そう。まるでバスのように乗り込んだ人から座っていくんです。
でも、ご存知のとおり飛行機に立ち席なんかありません。
当然、最後の方になると席がないー!!と騒ぐはめに。

私たちは抜かりなくいい席をゲットしましたが、
やっぱり何人か「え、ちょww席どこ??」ってなってて。
でもスッチーも慣れたもの。
「はいはい。頑張って空いてる席探してね~。」
っておい!探してくれないのかよ!!強気すぎる、Wizz Air。

なんとか全員着席して、1時間ちょっとで、フランスはボーヴェー空港に到着。
え?どこそれ?
やだなぁ、何言ってるんですか。

世界の玄関口、シャルルドゴール。
市民の足、オルリー。
これだけじゃあありません。
パリにはもう一つ、ボーヴェーって空港があるんです。

聞いたことない?
でしょうね。

パリのはずれから
車で1時間半かかりますから!!


しかも移動は車のみ。鉄道なんか来てやしない!
すごいとこです。ボーヴェー。
なんでしょうねぇ。例えていうなら、小松空港?

つまり、私たちは、韓国から小松空港に降り立ったわけですよ。
で、今日はお昼過ぎに和歌山で人に会う約束があるんです。

!!!

ちょ、ヤバいって!そりゃー時間ねーだろ!!!

わかってますとも。
と、ゆーわけで午前8時、移動開始。
まずはバスです。1時間半しっかりかかってパリの外れまで連れてってもらう。
現在時刻9時40分。

電車の出発まであと1時間…。

さぁ、ここから和歌山行きの電車が出発するモンパルナスという駅まで地下鉄で移動。
なんですが。ちょっとトイレを探したり、荷物を整理している間にあっという間に時が過ぎる。
気づけばもぅ10時前。

さすがにやばいかも!と気づいてあわてて地下鉄に乗り込む。

出発まであと40分…。

地下鉄に乗ったはいいのですが、逆だったり、時間待ちをされたりと、じりじりと時間が減っていく。
あと20分…。
と、その時。

ちゃらりらら~♪ちゃらるらら~♪♪

と、気の抜ける音楽。
え?と見ると、おじさんが車内で演奏中。

あぁ、これが、パリ名物地下鉄の演奏ね。
アメリにもそんなシーンあったな…。



うるさい。

やー失礼。焦りのあまり、心の狭い子になってました。
このとき本気でイラついた。
出発まであと10分…。

ようやく目的の駅、モンパルナスについて、電車に乗り込んだのは出発わずか5分前!!
あ、あぶなかったー。
すっげぇ急ぎながら、頭の中では間に合わなかった場合、
どうやって立て直すかをすっごい勢いでシュミレーションしてました。
人間追いつめられると頭ってすごくまわるんですねー。

そんなバタバタがありながら、ようやくついた街は、アングレーム!!
そして、ここで、今回の旅の最後のメインテーマ、Murielと再開!
彼女も前のトルコの旅で仲良くなった人です。
旦那さんのDidierはお仕事中とのことで、今日の午後はMurielにアングレームの街を案内してもらいました。

ここがねぇ、すごくいいところ!
ガイドブックにも載っていない街なんですが、とってもアートしてました。
写真はとある街角なんですが、家の壁に窓が描かれていて、それが本物の窓と上手く調和してるんです。
もぅ、街中至る所でこんな調子。
かわいー街でした。

その後はいよいよMurielとDidierのお家へ。
今夜はここに泊めてもらいます。
ここが…すっごいかわいいお家!
アングレームから少し離れた小さな村にあるのですが、築70年以上というそのお家は、
本当におとぎ話に出てきそう。
居心地もすっごくよかったです。

それから、近くの街にショーを見に行く予定だったのですが、突然のキャンセル。
代わりに…と連れて行ってもらったのはなんと遺跡。
ローマ時代の劇場跡。
代わりにどころか、すっげーいい仕事だよ!実は一回来たかったんだ!とtuddy大感激。

早起きして、走りまくった1日も、後半はこんな感じでゆったりのんびりできました。

そうそう、Murielのお家で、SuntoryのPruciaを飲みました。すっごくおいしいですよ。オススメです。

あしたはまるで夏休みの少年です。

ウルルン珍道中 その7

さて。ガンガン行きます旅日記。
今日はチェコ編。

P4292873_convert_20100525000319.jpg

2010年4月29日
チェコで見たものは

今日は朝のんびり。
まりちゃんは午前は予定があるとのことなので、お昼過ぎに待ち合わせ。

じゃあ、ってんでプラハの街を歩きました。
街並奇麗だねーって言いながらあちこち歩いて、美術館(の、ミュージアムショップ)行ったり、
ちょっとおしゃれなアンティークショップでかわいいピアスを買ったり。

そして、もちろんここでもサブテーマ。
そう。

郵便局です。

え?もぅこの話題飽きた?
残念。
こっちは最終日まで郵便局行ってんですから、まだまだ続きますよ。
どんだけ飽きても黙って最後まで読んでくださいね~。

ここの郵便局は大きいらしく、ジェシカも気合い十分。
が。言葉のカベが立ちはだかる。
さぁ、たった今、ジェシカvs売り場のおばさんのゴングが鳴り響きました~!!

まず先制はジェシカ!
「こ、これを…違う、そのもうちょいこぅ…こっちこっち」
出ました、ジェスチャー!これはかなり有効だ!
おばさんの指がジェシカの求めるものを指した!

「あ…それを…3枚!」
おっとおばさん意表をつかれた模様。まさか3枚とは…という表情でシートを千切っています!

「あ、あと…それと…そっちのも…3枚…」
ジェシカが果敢に連続攻撃を繰り出し、ことごとくヒット!
これはこのまま一気に試合を決めるかと思われたその時!

ちらっ。

びくっ。

あぁーっと、ジェシカ、後ろを振り返ってはいけません。
振り返ると長蛇の列を見てしまう!!
焦りが、ジェシカの表情に焦りが浮かぶ!!

「えっと、じゃあ、それで…いいです…」

なんとジェシカ、おばさんに勝ったのに長蛇の列の前に沈黙してしまった~!!
後一歩及ばず、無念。

しかし、買いたいものは大体買えたようで、満足げでした。

その後街歩きを再開して、お昼過ぎになったのでまりちゃんとの集合場所へ。
若干迷子になりましたが、なんとか合流。

お昼は4人でウクライナ料理を食べました。
これまたおいしかった。

それから景色のいい丘へ。
春のプラハの陽気に誘われて、ひなたぼっこ&人間観察。

イヌをダシにおねぇちゃんをナンパしようとするチャラいにぃちゃんを見て、
人間って、やっぱり、一つの種族なんだな
って、妙にしみじみ思いました。

その後はもう一つのサブテーマ、スーパーに連れて行ってもらって、いろいろお買い物。
文房具や食品などを買い込めてだいぶ満足しました。

そして、お待ちかね、お宅ほうもーん♪
まりちゃんのかわいいお家にお邪魔して、おしゃべりをずいぶんと楽しみました。
ほんと、けっこうずいぶんでしたよ。

3時間以上…?
今考えると迷惑な客だ。
さらにその上、空港近くのホテルまで送ってもらいました。
ほんとによくしてもらって、ありがとう!!

まりちゃんとの時間は、夢のようにあっと言う間に過ぎて、もぅお別れ。
また会えるってわかってるのに、絶対会えるって知ってるのに。
まりちゃんの涙を見たら、私も思わずもらい泣き。

今回のメインテーマは再会でしたが、再会した人とは、もう一度別れなきゃいけないわけで。
いままで出会いばかりの旅をしていただけに、それがとても辛かったです。
でも、だからこそ、また会いたいって、強く思いました。

みんな、ほんとにまた会おうね。
それからホテルの部屋でごはんを食べて、次の日が早いので早々に就寝しました。

余談ですが、この日のホテルがこの旅で一番グレードがよかったです。
そのホテルの滞在が一番短いなんて…。

あ、あと、写真は丘から眺めたプラハの街です。
真ん中に塔が見えるでしょ?
あれ、拡大すると、とんでもないものが写ってます。
まぁ、このサイズじゃわかんないので、ぜひともジェシカに解説してもらいましょう。

明日は24なみに時間に追われます。

ウルルン珍道中 その6

こんばんわ~!帰ってきたぜ!tuddyです!!
やーなんとか終わりました。

実は、DVDを作ってたんです。会社の人の定年パーティ用のね。
すんっっっごい大変でしたが、
当日みんなの涙をがっつりさらえたので大満足♪
あぁ、よかった。
次回?もちろんやりません。

さぁ!お待たせしました!中断してた旅日記、再会しまーす。
ジェシカ編とのからみもお楽しみに♪

CIMG0930_convert_20100524233112.jpg

2010年4月28日
ローマ名物

朝起きて、今日も快晴。
思えばフィレンツェは晴ればっかでした。
よっぽど波毘雄が晴男なのかしら。

そうそう、しれーっと使ってましたけど、Fabio君、漢字の名前があります 笑
命名はもちろんジェシカ。
本人はもちろん知りません。

しかし波毘雄ってどーよ!?
書くのも打ち込むのもめんどくさい!!
まぁ、Fabioは「俺に漢字をくれ」なんてひとっ言もゆってないんで、
完全私らの独り相撲なんですけどね。
でもここまで使ったから最後まで使いとおしてやる。

で、今日のスケジュール。
朝イチで電車に乗ってローマへ。
午後ローマ発の飛行機に乗ってチェコへ。
チェコではこの旅二人目の目的、まりちゃんと再会予定。
あら、意外ときちきち。

と、ゆーわけで、波毘雄に駅まで送ってもらうことに。
街の中心からはちょっと離れた不便な駅だったので、彼がいなかったらたどり着けなかったかも…。
波毘雄ありがとうv

なんですが。

もぅ今日は朝から波毘雄のテンションめちゃ低い。
「もぅ帰るのかい?寂しいよ…」と…。
そ、そんなに寂しがらないでよ。また会いにくるからさ。
でも寂しがりやの彼は
「辛くて電車が去るのを見送れない。電車が動く前にここを離れるよ」とまで言い出す始末。
なんか、そこまで言われたら…

こっちまで寂しくなるじゃないか~!!

波毘雄の寂しさががっつり伝染して、結構静かな列車の旅でした。
でもまぁ、ローマについて、気を取り直して、捨てすぎてなくなった服を少々買い足して、
空港まで列車で移動しようと乗り込んだまさにその時。

ん?鞄に違和感。
はっ!!ってなって慌ててみると、少女が手を突っ込んでる!!

あ!スリだ!と気づいてあわてて鞄を遠ざけて、「何してんの!」と言おうとした
まさにそのとき!!


「ちょっとアンタ!!何してんのよおぉ~!!!」


前方からすざましい声。
え?ってなって思わず見ると、おねーさんが、別のおねーさんを取り押さえ中。
どうやら、前方でも犯行があった模様。

あまりの剣幕にぽかーんってなってる間に、少女には逃げられました。
でも、幸い何も盗られていなかったので、車両を変えてなんとか落ち着きました。

しっかし、すごかった。
なにがって、取り押さえてる被害者のはずのおねーさんの形相がすごかった。
ここ、ぜひとも絵にしてほしい。

こんな感じで、かの有名なローマ名物、スリを体験してしまいました。
思えば、今回の旅で、「当たり」だったのは私ばっかり。
なぜでしょう。よっぽど目を付けやすいのでしょうか…。
まぁ、その辺の話はまたおいおいと。

その後は至って順調でした。
まるで国内線のような緩さのヨーロッパ線に乗って、一路プラハへ。
着いた先には、まりちゃんが!!
火山の噴火の影響であやうく会えなくなるところでしたが、無事に会えて本当によかった。

まりちゃんの彼氏にホテルまで連れて行ってもらって、その後は晩ご飯に。
チェコ料理を堪能しました。
ジェシカが大好きなクネドリーキもあってよかった。

移動ばっかりの長い1日でしたが、なんとか無事に終わりました。
明日はプラハ観光。いいもの見れるかな?

つづく。

〒ヨーロッパの旅01

こんばんは。ジェシカでございます。

Tuさんが不在の間にどんどんUPしていきます!


では!旅立ちの日、4月23日

関空でTuddyと待ち合わせ。
早めに行ったんですが、これが早すぎた!

Tuddyが来るまで約2時間もある…。。

2時間もする事ねーよと思いつつも、とりあえず指紋登録へ向う。

指紋登録もすぐに済み、やる事もないので「MUJItoGO」に向った。

そう。空港の無印!!

いやー前から行って見たかった関空の無印。

入ってびっくり、かなり小さい店舗です!

でも、他では見た事ない商品がずらりと並んでるではありませんか。

ムジ好きなので、店の隅から隅までじっくり見てきました^^
そして、買ってしまいました…。

これから旅行だっていうのに、
カメラポーチ、小銭ポーチ、キューブスピーカー(!)
を購入 笑

前の2つは分かるけど‥スピーカーって何よ??

これからバックパック旅行に出るやつがスピーカーって…
みんなに突っ込まれそうですが、これが便利でした。

ホテルでiPodにつなげて「水曜どうでしょう」とか見てました 笑

大きさはサイコロキャラメルのハコくらいしか無いので
まあいいかなと思い、衝動買い…。


しかし9キロの荷物をしょって、うろうろしてたのでさすがにしんどい…

まだ旅は始まってないのにこの体力の消耗。


やばくね?


「浮かれた私」の中に棲む「冷静な私」がそう呟いてました。

うん、やばくないやばくない!と思いながらTuddyと合流。

やばいって

だって、Tuddyの荷物を見てごらんよ!小さすぎる!!小ぶりすぎる!!

そしてその右手に持ってるのは…


ハイ出た、紙袋


紙袋をじっと見てたら、すかさず
「いや、(紙袋)便利やって!すっごい良いよ?ジェシカにもあげようか?」


いや、まだ何も言ってないんですが…笑

話しには聞いていたけど、なまでみるとこの迫力!

0423.jpg


すごいよ…もうチェックインした後なんかはこの紙袋オンリーだから
まさかこれで飛行機乗るなんて誰も思わない。


圧倒されつつも、機内でいそいそと紙袋を足下にしまう姿をみて


ちょっとアリかもな…紙袋。


と思ってしまってる自分がいました。


機内でふと目が覚めた時、Tuddyはトイレに立ってたのか姿は見えず
なにげに足下の紙袋をみると、そこからぽろっと何かが出てきました。


?……おパ○ツ??なぜ機内に??
紙袋から出てるよーつーさーん!!!


これは戻って来た時恥ずかしいなと思い、そっと戻したら
それはただの靴下でした 笑

いやーやっぱし、紙袋はムリだな…。
私だったら飛行機に乗る度に何かを落としていっちゃうな…


結論。

紙袋はたしかに便利そうですが、
これはTuddyだからできることです!

私みたいな素人には真似できません 笑


ただ、彼女は乗り継ぎの時他乗客の荷物を見て、ぼそっと言ってました。

「紙袋、私だけ?」

やっぱ本人もちょっと不安なんだなーと思ってたのもつかの間、

「あ!あの人も紙袋だ!!!」

お仲間を見つけましたが、やはり身軽さからいうとあなたがダントツです!

さてさて、私の中では初日は紙袋の話題で終っちゃいましたが

次回はローマです!
初日から私たちの雨女パワー全開です!

〒ヨーロッパの旅00

ご無沙汰してます、ジェシカです!

Tuddyが不在なので、私の目線からみヨーロッパの旅をお送りしましょう。

遅いって?

すみません…

Tuddyのウルルン珍道中はもうすでに5まで進んでるので、
今更何を書いていいものやら。。

と今まで悩んでいました。

でもよく考えてみたら、何も四六時中二人一緒に居た訳ではなかったので
私も1から書く事にしました 笑


Tuddyがフィレンツェの公園でまったりしてた頃、私は一体何をしてたのか?

Tuddyの機内での紙袋スタイルをどう思ってみてたのか?

Tuddyの友達ファビオとの出会いはどんなんだったか?

気になりますねー。

気にならない?



ということで、私もこのウルルン珍道中に沿って書き進めます!

気になる方は読んでください♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。