スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウルルン珍道中 その5

こんばんは。tuddyです。
あらご無沙汰。
昨日は疲れ果てて寝てしまいました。

そんな時に「読んでるよぉ~」などの言葉をいただくと、嬉しくてはげみになりますね。
よければ感想もお聞かせくださいまし。

じゃ、今日も行きますよ~フィレンツェ2日目。

CIMG0900_convert_20100514002110.jpg

2010年4月27日
郵便局とフィレンツェ

朝。
ジェシカのおかげで、だいぶ調子がいい。
8割がた回復かな。
で、今日の予定をどうするか。

元々は美術館に行く予定だったんです。
でも、美術館っつったらやっぱ3時間はかかるわけで。
さすがにそこまでは体力が…。

でも、ここまで来て美術館に行かないのももったいない。
で、結論。

ジェシカ→美術館
tuddy→のんびり
と、二手に分かれることに。

じゃ、そーゆーわけで、出発。
最初に向かった先は。
はい。もうみなさんおわかりですね。

えぇそう。
郵便局です。

フォントでかくしようと思ったけど
さすがにくどいのでやめましたとも。

4度目のトライ。
波毘雄に「とりあえず今日は朝イチで郵便局だ」ってゆってた甲斐もあり。
今日は開いてる!

やーよかった。
ジェシカ、思う存分選んでねー。

ん?
なにやら売り場のおねーさんと話してますが…。

ジェシカは切手を1枚ずつ選びたかったのですが、
おねーさんがなかなか切手の入ったファイルを渡すことを承諾してくれなかった様子。

波毘雄が間に入って、ようやくおねーさんのお許しが。
後ろをちらりと振り返ると既に長蛇の列(汗

ごごごめん
と思いながら、横にどいて選ぶことしばし。
無事に切手がゲットできました!

はい、ジェシカ、サブイベントイタリア編クリアー。
いやーよかった。

それから美術館へ移動して、ジェシカはツアーに参加のためここでお別れ。
美術館の様子はジェシカ編でお楽しみください。

絶賛夏バテ中の私は、やはり暑さ。日差し。歩く。
なんかにだいぶん弱くなっていたので、
ホテルに帰ろうかな~って思ってたんです。

そしたら。
「ここまできたんだし、休むなら、公園に行って休んだら?」と波毘雄。

そういえば、こっちの人って結構公園とかでごろごろしてるんですよ。
あぁ、あれ、木陰でやったら気持ちいいだろうな~ってことで
波毘雄オススメの公園へ。

ここがよかった。

芝生に緑にベンチに。
どれも奇麗に手入れされてて、気持ちがいい。

木陰でしばらくのんびり。
小学生の列を眺めて、何しゃべってるか波毘雄に通訳してもらって
どの国も、小学生の言うことってかわいいなって笑ったり。
ちょっとしたイタリア語講座を開いてもらったり。

ホテルに帰ってぐだーってするよりも、断然楽しい一時を過ごすことができました。
お昼も波毘雄が、私が食べれそうなサラダのお店にしてくれたおかげで、
1日ぶりくらいにまともにお腹に食べ物が入りました。

今回ほんとに人の優しさが身に染みました。
ほんとにありがとう。
ジェシカ、波毘雄。

その後ホテルで休んで、ジェシカと合流。
今度は晩ご飯まで2時間ほど波毘雄と別行動。

じゃ、探検しちゃう?
ってことで、フィレンツェの街へ初めて二人だけで繰り出す。
んー。ガイドががっちりだったのがいけなかったのかしら。


迷いました。


やー。郵便局行ったまではよかったんですよ。
その後の帰りが、ね。
やっぱり自分で地図を見ていなかったのでダメですね。
他の街はちょっと歩いたら大体の方角とか、位置関係把握できたのになぁ。

で、さまよってあわや遅刻!?っていうタイミングで集合場所に到着できました。
波毘雄、よもや私たちが外を出歩いてると思わなかったみたいで、びっくりした様子。
「どこ行ってたんだい?」
って聞くから。
「郵便局。」
って答えたら。

大爆笑。

そりゃそうでしょう。
またかよ!ってなるもんねぇ。
波毘雄の中で、ジェシカは強烈な印象を残したようです。
この前きたメールに、「ジェシカのいない郵便局は寂しいよ」って書いてあったもの。 笑

で、晩ご飯は波毘雄オススメのレストラン。
ここが…おいしかった!!
ピサのパスタもおいしいと思ったけど、ここのパスタの勝ち!
サイコーでした。

「ワイン飲むかい?」って聞かれたので。
「じゃじゃじゃあ。」って答えて私は赤。
「じゃあ私白。」とジェシカがゆった瞬間。

「のぉー!!」と波毘雄。
さらに店のおねぇさんも同意。

「パスタには赤だよ。白だなんて!!」とエライ剣幕。
圧倒されて「あ…うん。はい。」と私たち。
まぁ、確かに、パスタには合いましたが…。

でもね、後々思ったんです。
パスタに白ワインって、

ケーキに緑茶。

みたいなもんじゃなかろうかって。
確かに、外国人がケーキに緑茶頼もうとしたら、全力で紅茶を勧めますもんね。

軽いカルチャーショックのあと、夜のフィレンツェをお散歩。
とっても奇麗でした。

どうなることかと焦りましたが、なんとか体調も回復して
1日楽しく過ごすことができました。

明日はフィレンツェ→プラハ大移動。
事件が起こります。

お楽しみに。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。