スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウルルン珍道中 その8

何やら若干の日付詐称疑惑がありますが、気のせいです。
決して、1日に2個書いて、だらけた分を取り戻してる訳じゃあありませんよ~
たぶん。

さ、今日も行きます。
今日は最後の国、フランスです。

CIMG1003_convert_20100525234615.jpg

2010年4月30日
パリでタイムトライアル

朝4時。
今日は相当早起き。それもそのはず。
6時発の飛行機に乗ってフランスへ向かいます。

ヨーロッパ内の移動は国内線感覚だから。
という話を聞いたので、けっこうギリギリに空港に向かう。
到着したのはカウンターが閉まる5分前。
げ。ちょっとヤバいかもー。と思いながらなんとかチェックインOK!

最終的には間に合いましたが、この飛行機は早く着いとくべきだ。
なぜなら、自由席だから!!

ちょ、飛行機で自由席ってw

そう。まるでバスのように乗り込んだ人から座っていくんです。
でも、ご存知のとおり飛行機に立ち席なんかありません。
当然、最後の方になると席がないー!!と騒ぐはめに。

私たちは抜かりなくいい席をゲットしましたが、
やっぱり何人か「え、ちょww席どこ??」ってなってて。
でもスッチーも慣れたもの。
「はいはい。頑張って空いてる席探してね~。」
っておい!探してくれないのかよ!!強気すぎる、Wizz Air。

なんとか全員着席して、1時間ちょっとで、フランスはボーヴェー空港に到着。
え?どこそれ?
やだなぁ、何言ってるんですか。

世界の玄関口、シャルルドゴール。
市民の足、オルリー。
これだけじゃあありません。
パリにはもう一つ、ボーヴェーって空港があるんです。

聞いたことない?
でしょうね。

パリのはずれから
車で1時間半かかりますから!!


しかも移動は車のみ。鉄道なんか来てやしない!
すごいとこです。ボーヴェー。
なんでしょうねぇ。例えていうなら、小松空港?

つまり、私たちは、韓国から小松空港に降り立ったわけですよ。
で、今日はお昼過ぎに和歌山で人に会う約束があるんです。

!!!

ちょ、ヤバいって!そりゃー時間ねーだろ!!!

わかってますとも。
と、ゆーわけで午前8時、移動開始。
まずはバスです。1時間半しっかりかかってパリの外れまで連れてってもらう。
現在時刻9時40分。

電車の出発まであと1時間…。

さぁ、ここから和歌山行きの電車が出発するモンパルナスという駅まで地下鉄で移動。
なんですが。ちょっとトイレを探したり、荷物を整理している間にあっという間に時が過ぎる。
気づけばもぅ10時前。

さすがにやばいかも!と気づいてあわてて地下鉄に乗り込む。

出発まであと40分…。

地下鉄に乗ったはいいのですが、逆だったり、時間待ちをされたりと、じりじりと時間が減っていく。
あと20分…。
と、その時。

ちゃらりらら~♪ちゃらるらら~♪♪

と、気の抜ける音楽。
え?と見ると、おじさんが車内で演奏中。

あぁ、これが、パリ名物地下鉄の演奏ね。
アメリにもそんなシーンあったな…。



うるさい。

やー失礼。焦りのあまり、心の狭い子になってました。
このとき本気でイラついた。
出発まであと10分…。

ようやく目的の駅、モンパルナスについて、電車に乗り込んだのは出発わずか5分前!!
あ、あぶなかったー。
すっげぇ急ぎながら、頭の中では間に合わなかった場合、
どうやって立て直すかをすっごい勢いでシュミレーションしてました。
人間追いつめられると頭ってすごくまわるんですねー。

そんなバタバタがありながら、ようやくついた街は、アングレーム!!
そして、ここで、今回の旅の最後のメインテーマ、Murielと再開!
彼女も前のトルコの旅で仲良くなった人です。
旦那さんのDidierはお仕事中とのことで、今日の午後はMurielにアングレームの街を案内してもらいました。

ここがねぇ、すごくいいところ!
ガイドブックにも載っていない街なんですが、とってもアートしてました。
写真はとある街角なんですが、家の壁に窓が描かれていて、それが本物の窓と上手く調和してるんです。
もぅ、街中至る所でこんな調子。
かわいー街でした。

その後はいよいよMurielとDidierのお家へ。
今夜はここに泊めてもらいます。
ここが…すっごいかわいいお家!
アングレームから少し離れた小さな村にあるのですが、築70年以上というそのお家は、
本当におとぎ話に出てきそう。
居心地もすっごくよかったです。

それから、近くの街にショーを見に行く予定だったのですが、突然のキャンセル。
代わりに…と連れて行ってもらったのはなんと遺跡。
ローマ時代の劇場跡。
代わりにどころか、すっげーいい仕事だよ!実は一回来たかったんだ!とtuddy大感激。

早起きして、走りまくった1日も、後半はこんな感じでゆったりのんびりできました。

そうそう、Murielのお家で、SuntoryのPruciaを飲みました。すっごくおいしいですよ。オススメです。

あしたはまるで夏休みの少年です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。