スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウルルン珍道中 その10

こんにちは。tuddyです。
気づけば5月が終わる…。今月中には終わらせますよ!
でも、最近焦って書いていたので見直すと文章が気に入らない…。
その6以降ちょこちょこ修正したり、エピソード足してます。
何回でも楽しめるtuddyの旅日記、どうぞよろしく(笑)

はい。じゃーいきますか。旅日記。
きづけばもぅ10日。
やっぱり今日も事件です。

CIMG1125_convert_20100530122900.jpg

2010年5月2日
パリでトホホ

朝は少し早めに起床。
今日はパリに帰ります。
朝ご飯食べて、身支度を整えて、MurielとDidierに駅まで送ってもらう。
ここもね、辛かったです。二人とも最後まで見送ってくれて。
あぁ、また来なきゃ!と強く思いました。

感傷に浸りすぎてTGV味わう余裕もなかったですが、列車はぐんぐんパリを目指す。
そうそう、すっかり書くの忘れてましたが、行き(4/30)の列車、ホームでスズランもらったんですよ。
駅員さんらしき人が切り花がんがん配ってて。

???と思いつつ、受け取る。
きれいだねー。とは思いながら、邪魔だね。って結論になって。
まぁ、早い話が…捨てちゃったんですよ。お花。

そしたら、昨日。Didierもスズランをくれました。
あれ?って思ってたら。Murielが一言。

「メーデーのスズランは幸福を運ぶの。大切な人に贈る昔からの習慣なのよ。」

へぇ~。そうなんだぁ~。フランス独特の習慣なんだね~。
スズランかぁ~。素敵な習慣だね~。花もらうなんて~。
あはは~。

って!!
捨てちまったぃ!!!orz
せっかくもらった幸運、私とジェシカ、一回捨てましたw

まぁ、その分Didier達がくれたから、チャラってことでいいよね?
ね?
ふっ。自分のうかつさにちょっっっっっぴり後悔★

まぁまぁ。そんなこともありましたが、今日はとにかく、パリです。
パリにはお昼頃到着。

こっからは二人旅。
思えば、二人だけってローマ以来だなぁ。
あれ?tuddyとジェシカ?
この組み合わせって、なんかあったような気が…。

ん?外が暗くて、窓に水滴が付いてるのはなんでだろう??

えぇ。二人きりになった瞬間降りだしましたとも。
もはや、さすが、としか言えない。
どーだ。まいったか。

そして、寒い!
今何月よ?ってくらいの気温。

ホテルに入って一度体勢を立て直してから観光スタート。
パリはジェシカのお気に入りを巡るプラン。
まずは、愛しのエッフェル塔へ。
実はジェシィはエッフェルマニア。
がんっがん降ってくる雨にも負けず、いい写真が撮れた!と大喜びでした。

続いて、凱旋門。
意外とでかかったです。しかも、そこ邪魔!って感じのところにあるのも面白かった。

パリではこれらがメインだったのですが、結構あっさり終わって時間が余る。
じゃあ…ルーブル(のミュージアムショップ)行く?って話になって地下鉄に乗る。
とここで。また来ました。

電車にね、乗ろうとしたんですよ。
したら、前の奴がやたらゆっくり歩いて。
後ろの奴はやたら押してくる。

え?なんかおかしい。
って思った瞬間。
またもや鞄に違和感。

えぇ。スリですよ。今度は挟み撃ち作戦。
またしても狙われたのは私でした。
でもねぇ、にぃさん。

アンタに黙ってくれてやるほど、
私の財布は安かぁないんだよ!!


ちょっと待てぃ!!とはっしと鞄を押さえてガード。
とりあえず、無事でした。

その後ルーブルに。
あ…郵便局発見。
もちろん行きました。

この間私ちょっと席外し(お手洗い)。
で、戻ってきてみたらたらすんごぃ日本語のうまい店員さんとジェシカ会話中。
こりゃあ望むものが買えただろう、と思って
よかったねーって言ったら。

「いや、あれは2回目のトライだ」と…。
彼女いわく、1回目は激しいバトルがもう一人の店員さんと繰り広げられたそう。
詳細はジェシカ編で。

それから、恒例のミュージアムショップでお買い物。
途中一人で休憩してたら、変なおじさんにナンパされました。
「どっから来たの~?絵は見た??」とか。あきらかに怪しい。
テキトーに流して逃げましたが、無駄に疲れました。
なんか、今日、当たり日だ…。トホホ。

気づけば閉館時間。
結局、ルーブルにいきながら、1枚の絵も見ずに帰りました。
すごいだろ。

結構いい時間になったので、ぶらぶら歩いて電車のって戻る。
夕食は近くのケバブ屋さんでテイクアウト。
おいしかったです。


明日はいよいよ最終日。
どこに向かうか、お楽しみに…
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。