スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウルルン珍道中 その12

こんばんは。tuddyです。
ギリギリですが…5月中間に合った~。
旅日記、感動(?)のフィナーレです!!

あ。写真はイメージです。
CIMG0894_convert_20100531231848.jpg

2010年5月4日
帰国…その先は?


現地時間午前7時。
香港空港に到着。

ここで3時間の乗り継ぎタイム。
よーし、土産でも買うか~。

7時半から働き始める仕事熱心な香港人と一緒にこちらも熱心にあちこち見て回る。
怪しげなキティはみーちゃんに。
時計は父さんに…と、結構買うものがある。

そんな私の目に留まったのが、香港風味ばりばりのお店。
つまり民族調。

もぅかなりの人がご存知だとは思いますが。
私、民族衣装がすごく好きです。
最近富みに顕著ですが、思えば昔から片鱗は見せてました。
着物が好きで、着付け習いにいったり。
アジアやアフリカの布を突発的に買ったり。

で、社会人になって、みんぱく(国立民族学博物館)に
行くようになってから一気に開花。
アジアに行くたんびに、現地の服買ってにまにましてます。

そんな私が見つけてしまったのは、もちろん民族衣装。
中国って言ったら、チャイナドレスくらいしか思い浮かびませんが、これは違う。

もっとゆったりしてる。
なんて言うか、ふんわりしたチュニックみたい。
で、柄はこれまた私の大好きなハス。

値段もお手頃で、すっごく悩む。
と、ジェシィが私が悩み始めた事に気づき、しきりに勧めだす。
たぶん、これ着た私を想像して、おもしろくなったのでしょう。

tu「うぅ~ん…ヨーロッパ行って香港のもの買って帰ったらおかしいかなぁ」
ジ「いや。そんな事ない。だって、香港もちゃんといってるもの!!」

tu「なんか、サイズでかい気もするし」
ジ「いや。あてただけじゃわからんよ。着てみなって!!」

着たら欲しくなるって、絶対わかってて言ってたでしょw

tu「700 HK$かぁ。お手頃だよねぇ」
ジ「そぅそぅそぅそぅ!日本じゃ手に入らないよ~」

さすがのツボを突いた押しに、tuddyの心はもぅぐらぐら。
これは後一押し!と思ったジェシカがトドメに入る!

ジ「そうそう。シルクでこの値段はないよ!!!」
tu「え?シルク?お手入れ大変やからやめとく(あっさり)」

ジ「え、えぇぇぇ~!?」

ジェシカ、唖然(笑)
ほんと、今までのがなんだったんだ?っていうくらい一瞬で現実に戻されました。
ジェシィ、ナイス忠告ありがとう。

まぁまぁ、こんな感じで、結局民族衣装は買い込まず、最後の飛行機に。
あっという間に関空に降り立ったのでした。


ふぅ~ようやく着いた。
長かった旅もこれで終わり。
でも。
家に帰るまでが遠足です!!

そして、私たちまだまだ家には帰りません!
なんと、この後みーちゃんの家に遊びに行きました。
いやぁ、近くだったし。
みーちゃんに会うの久々だったし。
おみやげも渡したかったし。

みーちゃんとしばしおしゃべりをして、ようやく帰りだす。
15時くらいに飛行機到着したけど、家帰ったら20時まわってましたw
いや~よく遊んだ。


さぁ、こうして、最後の最後まで、「再会」で彩られた旅が終了したのでした。
あぁ、楽しかった。

終わり。

オチ代わりに、ネタをひとつ。
チェコの名字、変わってます。
名字のクセに動詞とか、形容詞なんです。

今の首相は「ちょっと歩いた」さん。(だったはず。走っただったか?)
はぃ?

まりちゃんが、今までで一番変わってると思った名字は

「パンをかじるな」さん。

ちょwwwまさかの命令形。
この人パン食べてる時に呼び止められたら、
呼ばれたのか怒られたのかわかんない。

「おい!パンをかじるな!!」


ウソのような、ほんとの話。
チェコ、侮りがたし。

ちゃんちゃん♪

ウルルン珍道中 その11

こんばんは。tuddyです。
久々にHP本体を更新しました。
合唱祭情報upです♪
たまには、うたサークルのブログだってことをアピール。
管理人が二人して旅一色ってどうよ?って感じなので…。

そうそう、ついでに異様に多い旅日記もちょこっと整理しました。
これで少しは見やすくなったかしら…??

じゃあ、残すところ後少し。書いてる方も読んでる方もくたびれちゃったとは思いますが。
後少し、おつきあいくださいね。

P5032965_convert_20100531025222.jpg

2010年5月3日
最後のあがき

いよいよ、今日は帰る日。
14時のフライトで長かったヨーロッパの旅も終ります。

お昼くらいに空港に着けばいいので、最後のあがき!とばかりに残されたわずかな時間を使って観光します。
昨日暇そうだったんだから昨日のうちに行っとけばいいじゃんって?
日曜は閉まってたんですよ。
ちょっと変わった博物館なんで。

そう。博物館に行ったんです。
モンパルナスにあります。
本当は中を見ようと思ったんですけどね、時間がないのと、入場料が意外と高かったこと、
さらに、中はたぶんジェシカの欲するものがダイレクトにあるわけではなく、
歴史を紹介してるだけだろうな、ということでパス。
例によって、ミュージアムショップだけにしときました。

何の博物館かって?

郵便に決まってるじゃないですか。

あ。今、「ちょwwどこまで!?」って思いました?
いやー私も軽く思ったんですけどね。
不思議なもので、人間ここまで来ると、逆に面白くなってきますよ。
で、どこまでいけるかやってみました。
ヨーロッパの最後を切手選びで締めくくりましたとも。

どーだ。だれかできるもんならやってごらん。
10日ヨーロッパいて、そのうち9日郵便局に足を向けたんだぞぅ。
しかも、そんだけ行ったにも関わらず、
私郵便局でひとっっつも買い物してないんだぞぅ。

妙な達成感だけが残りました。


これでもぅ心残りはない!とばかりに空港へ移動。
さぁ、もう、旅も終わりです…。

ここまで、メインテーマ・再会編では
イタリア/波毘雄、チェコ/まりちゃん、フランス/MurielとDidier
と無事に再会。そして、いずれも涙のお別れを経験しました。
ジェシカいわく、「ウルルン滞在記」みたいだったそう。

そして、サブテーマ。
tuddy編ではスーパーにたくさん行きました。各国で行けたので大満足。
もちろん、ジェシカ編でも郵便局に数えきれないくらい行きました。
結局、閉まってた分を含めると郵便局に足を運ばなかった日は、5月1日だけでした。

さらに、裏テーマ。
さらっと最初に書いてからちっとも出てきませんでしたが、裏だけに、秘密裏に事は進んでました。
私、基本的に物持ちいーんです。服なんて、10年着るのはザラ。
捨て時がなくて困ってたのですが、気づいたんです。

旅に行って、処分すればいいんだと!!

と、ゆーわけで、捨てても惜しくない服を持って旅立ち、帰りは空いた分おみやを詰める
が、いつしか基本スタイルに。
最初はびっくりしてたジェシカも、徐々に慣れて、同じように捨て始める。
気づけば、もぅ服がないw
10日以上旅行してるのに、最後は鞄がスッカスカ。
重さはおみや詰めても4.5 kgでした。
すごくない??

まぁ、こんなかんじでウルルンもするけど、服を捨てる事に心を砕いたりとか、もはや珍道中。
だからタイトルがウルルン珍道中なのです。え?気づいてた?それは失礼。

じゃ、せっかくなので最後の珍を。
空港にて。
いつものとおり、紙袋を用意して、洗顔して着替えて。
さ!セキュリティーだー。
もぅ何も起こらないだろう。


やられたorz
まさかの。
警備員が変だった。

パスポートを渡して日本人だとわかった瞬間にやにや。
私の下の名前を呼び、中途半端な褒め言葉を使い、あげくに「彼氏いるのー(にやにや)??」

ハァ!?

いてもいなくてもテメーには関係ねーよっ!!
てか、巷ではそれをセクハラって呼ぶんだよ、こんの、スットコドッコイ!!

って思ってもお里がいいので口には出さず、むっすりして通り抜けました。

えぇ、もちろんジェシィが行ったほうのセキュリティーは普通の人でしたとも。
なんでいっつもひぃちゃうんだろうなぁ…。
当たりは宝くじだけにしてくれぃ!!
ぐったり疲れて、飛行機に乗り込み、一路香港を目指したのでした。


明日はいよいよグランドフィナーレ。
日本に帰った二人が何をしたのか、お楽しみに。

ウルルン珍道中 その10

こんにちは。tuddyです。
気づけば5月が終わる…。今月中には終わらせますよ!
でも、最近焦って書いていたので見直すと文章が気に入らない…。
その6以降ちょこちょこ修正したり、エピソード足してます。
何回でも楽しめるtuddyの旅日記、どうぞよろしく(笑)

はい。じゃーいきますか。旅日記。
きづけばもぅ10日。
やっぱり今日も事件です。

CIMG1125_convert_20100530122900.jpg

2010年5月2日
パリでトホホ

朝は少し早めに起床。
今日はパリに帰ります。
朝ご飯食べて、身支度を整えて、MurielとDidierに駅まで送ってもらう。
ここもね、辛かったです。二人とも最後まで見送ってくれて。
あぁ、また来なきゃ!と強く思いました。

感傷に浸りすぎてTGV味わう余裕もなかったですが、列車はぐんぐんパリを目指す。
そうそう、すっかり書くの忘れてましたが、行き(4/30)の列車、ホームでスズランもらったんですよ。
駅員さんらしき人が切り花がんがん配ってて。

???と思いつつ、受け取る。
きれいだねー。とは思いながら、邪魔だね。って結論になって。
まぁ、早い話が…捨てちゃったんですよ。お花。

そしたら、昨日。Didierもスズランをくれました。
あれ?って思ってたら。Murielが一言。

「メーデーのスズランは幸福を運ぶの。大切な人に贈る昔からの習慣なのよ。」

へぇ~。そうなんだぁ~。フランス独特の習慣なんだね~。
スズランかぁ~。素敵な習慣だね~。花もらうなんて~。
あはは~。

って!!
捨てちまったぃ!!!orz
せっかくもらった幸運、私とジェシカ、一回捨てましたw

まぁ、その分Didier達がくれたから、チャラってことでいいよね?
ね?
ふっ。自分のうかつさにちょっっっっっぴり後悔★

まぁまぁ。そんなこともありましたが、今日はとにかく、パリです。
パリにはお昼頃到着。

こっからは二人旅。
思えば、二人だけってローマ以来だなぁ。
あれ?tuddyとジェシカ?
この組み合わせって、なんかあったような気が…。

ん?外が暗くて、窓に水滴が付いてるのはなんでだろう??

えぇ。二人きりになった瞬間降りだしましたとも。
もはや、さすが、としか言えない。
どーだ。まいったか。

そして、寒い!
今何月よ?ってくらいの気温。

ホテルに入って一度体勢を立て直してから観光スタート。
パリはジェシカのお気に入りを巡るプラン。
まずは、愛しのエッフェル塔へ。
実はジェシィはエッフェルマニア。
がんっがん降ってくる雨にも負けず、いい写真が撮れた!と大喜びでした。

続いて、凱旋門。
意外とでかかったです。しかも、そこ邪魔!って感じのところにあるのも面白かった。

パリではこれらがメインだったのですが、結構あっさり終わって時間が余る。
じゃあ…ルーブル(のミュージアムショップ)行く?って話になって地下鉄に乗る。
とここで。また来ました。

電車にね、乗ろうとしたんですよ。
したら、前の奴がやたらゆっくり歩いて。
後ろの奴はやたら押してくる。

え?なんかおかしい。
って思った瞬間。
またもや鞄に違和感。

えぇ。スリですよ。今度は挟み撃ち作戦。
またしても狙われたのは私でした。
でもねぇ、にぃさん。

アンタに黙ってくれてやるほど、
私の財布は安かぁないんだよ!!


ちょっと待てぃ!!とはっしと鞄を押さえてガード。
とりあえず、無事でした。

その後ルーブルに。
あ…郵便局発見。
もちろん行きました。

この間私ちょっと席外し(お手洗い)。
で、戻ってきてみたらたらすんごぃ日本語のうまい店員さんとジェシカ会話中。
こりゃあ望むものが買えただろう、と思って
よかったねーって言ったら。

「いや、あれは2回目のトライだ」と…。
彼女いわく、1回目は激しいバトルがもう一人の店員さんと繰り広げられたそう。
詳細はジェシカ編で。

それから、恒例のミュージアムショップでお買い物。
途中一人で休憩してたら、変なおじさんにナンパされました。
「どっから来たの~?絵は見た??」とか。あきらかに怪しい。
テキトーに流して逃げましたが、無駄に疲れました。
なんか、今日、当たり日だ…。トホホ。

気づけば閉館時間。
結局、ルーブルにいきながら、1枚の絵も見ずに帰りました。
すごいだろ。

結構いい時間になったので、ぶらぶら歩いて電車のって戻る。
夕食は近くのケバブ屋さんでテイクアウト。
おいしかったです。


明日はいよいよ最終日。
どこに向かうか、お楽しみに…

〒ヨーロッパの旅02

すこし空いてしまいました…ジェシカです。

気づけばウルルンはもう「その7」まで展開しちゃって
さらに追いつけず 笑

まあ、マイペースで進めていきます!


さてさて、2日目はローマ!

雨の…ローマ。
ええ、わかってましたとも!!

私たちの前世は雨乞いの巫女だったんだろねー T_T
ってくらい雨がつきまとう私たち。

雨にも負ケズ、やさしいイタリア人たちに道を教えてもらいながらなんとかホテル到着。

ダメもとで、ホテルのフロントにチェックインを早めてほしいと言ったら

なんとOK!

10分で用意するから待ってろとすんなり入れてもらえました☆


そしてよほど凍えてるようにみえてたのか、ホテルからホットチョコのサービス…

泣けました、やさしーよイタリア人。


若干眠気に襲われつつも、身支度をしてローマの街へ。


つーさんお目当てのフォロ・ロマーノ。
私は何の予備知識もなく、ただただやってきましたがここはすごかった。


遺跡たっぷりの空間。

ここはラピュタのあのシーンだ!!
あの遺跡の陰からきっとロボットがでてくるよ!

なんてマニアックな会話をしながら堪能。


さーお次は郵便局!
私のお目当ての場所です。

残念ながら土曜だったので、既に閉まってましたが
ここは気持ちを切り替えて近くにあったスーパーに行きました。

スーパーってなんであんなに楽しいんでしょうね~
普段の生活でも近所のスーパーに行ったらつい長居してしまう 笑


ところで
ウルルン珍道中でもよく郵便局の話がでてきてますが、
なぜこんなに郵便局に行きたがるのか?

それは切手がほしい!!&絵はがきを送りたい!!

この二つをどの街でもやりたいからなのです。

ローマでは切手を逃してしまいましたが、きっちり絵はがきはゲットしました!

待ってろーピサー。
この葉書はピサでだしてやるぞぅ~

ちなみに「ローマの休日」の名シーンスペイン広場に行ってきましたが
ババ混みでした…。

ここではアイスクリーム禁止!だそうです…。

roma01.jpg

お題:『ジェシカを探せ!』
※この中に私がいます。

ウルルン珍道中 その9

どもども。tuddyです。
いよいよ旅も佳境ですね~。
やー早く終わらせたいw

コニャックの1日です。
P5012927_convert_20100526003808.jpg

2010年5月1日
休日の過ごし方

朝。のんびり目が覚める。
DidierとMurielと挨拶を交わして朝ご飯。
昨日は触れませんでしたが、ごはんすっごいおいしかったです。
私が愛して止まない本場フランスのパンとか。
ウサギとか。腎臓おいしかったv
…まぁ、改めて、どこ行っても生きていけるとも実感しました。

身支度を整えて、今日はまずはフランスといえば!のマルシェへ。
お昼の食材を買いにいったのですが、フリマみたいにいろんなものが売ってて、
興味そそられまくり。

知らないうちにtuddyのサブテーマに突入してました。
イタリアも、チェコもスーパーに行ったので、後はこのフランスのみだったのですが、
もぅここで十分vって思えるくらい、楽しい場所でした。

まずは食材買ってから…とのことで食料品からまわったのですが、こっちも楽しい!
海の食材がずらりと並んでて、カキをお買い上げ。これが今日のお昼ごはん。
その他、日本ではあまり見ない形の野菜や、皮を剥いだウサギなど、いろんな食材がありました。
見てるだけでワクワク♪

それから、お待ちかねのお買い物タイム♪
Didier達に値引きを手伝ってもらいながら買いましたとも。
ティーカップにペンダントにアンティークのクロス。
どれも古くていい味出してるのに、安い。
大満足でした。

え?ジェシカのサブテーマが最近ご無沙汰で寂しい?
それはもぅこの旅日記にだいぶんやられてますねぇ。

大丈夫ですよ、ご心配なく。
書き忘れてましたけど、昨日も行ってますから。
アングレームの街をあちこち案内してもらって、そろそろいい時間に。
で、明日は祝日(メーデー)だ!ってことに気づいたMurielに
「明日はお店が休みだけど、何か買っておくものある?」と聞かれたので。

「じゃ、郵便局。」と即答いたしました。

2年ぶりに再会した友を引き連れて、郵便局に行く。

どっかで見た光景w
さすがにここではバトルは繰り広げませんでしたが(だってパリに郵便局あるのチェック済みだもの)
どーだ!これぞフランスだぜ!って感じの切手セットを購入してハガキ出してました。
すごい情熱です。

ささ。話を戻して。
ホクホクで家に帰ったらお庭でお昼ごはん。
写真はその様子です。
すっごく素敵でしょ?

のぉーんびりお昼を食べて、のんびりしすぎてちょっと最後は急ぎつつ、少し離れた街へ。
Murielが働いている会社のある街で、今日は河くだりをしました。
景色を眺めながら船で移動。あぁ、なんて優雅…。
Murielの会社の前も通りましたよ。

それからその街をお散歩して、お家に帰って今度はDidierに近くを案内してもらう。
トルコ編でも書きましたが、Didierはフランス語しかできません。
つまり、オールフランス語で話しかけてくれるのですが、なぜだかちょっと意味がわかる。
「この草はこんなんだ。」とか。「この木はこんなんなんだぜ。」とか。
なんでわかるのかわかんないけど、わかりましたw

最後は完璧な相互理解。
ジェシカ(日本語)「これは何?」
Didier(フランス語)「○○だ」

!!

えぇぇ~!?あなたたちなんで会話できてるの!?
すごすぎる、この二人…。
帰ってそれをMurielに話したら当然彼女も目をぱちくり。
わかりあうって、言葉じゃないんだねぇ。


夕食を食べて、さらにのんびり。
でもね。明日には帰らないといけないのが、すっごい寂しかったです。
Muriel達には本当によくしてもらったので、この感謝の気持ちをなんとか伝えたいな…
と、いろいろ考えたのですが。

どこをどぅ考えても、tuddy+ジェシカで伝えられる方法なんて一つしかなくて。
えぇ。やりましたとも。

歌いました。

緊張しましたが、それよりも何よりも、
上手に歌うとかそんなんじゃなくて、とにかく気持ちを伝えたかったんです。

ありがとう、とか。
あえて嬉しかった、とか。
またさよならが悲しい、とか。
もう一度会いたい、とか。

この旅で、出会って、もう一度別れなきゃいけなかった人たちへの思いを
全部込めて歌いました。

MurielとDidierも喜んでくれて。
きっと気持ちは伝わったって、信じてます。


みんな、本当に

ありがとう



もぅ旅終わっちまいそうなくらい一人で盛り上がりましたが。
あと3日ありますからねー!!
じゃまた明日。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。